本文へスキップ

南相馬市立原町第二小学校は、福島県の浜通り地方に位置する南相馬市街の、相馬野馬追い祭場地が近くにある小学校です。

TEL. 0244-22-4114

〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町1丁目

ひばりのように生き生きとして明るい子どもを育てます

 南相馬市立原町第二小学校は、福島県の浜通りに位置する南相馬市原町区の中心部にあり、伝統行事である「相馬野馬追」の祭場地が近くにあります。(右は、今年の相馬野馬追祭二日目・「お行列」の様子です。詳細は、写真をクリックしてください。)
 東日本大震災と原発事故の影響により、平成25年4月1日現在も県内外に約40%の子どもたちが避難をしています(福島県外98名、県内21名)。このような状況だからこそ、学校、家庭、地域それぞれが当事者意識を持って子どもたちを教育する「開かれた学校」を目指し、実情に応じた様々な教育活動ができる「特色ある学校」づくりに努めています。
 ※ ホームページ開設の意図は、「校長室の窓から」をご覧下さい。

TOPICS             NEWS(新着情報)  平成26年 3 / 31 更新

  • 平成25年度最後の日となりました。これまでご支援・ご協力ありがとうございました。平成26年度も、ひばりっ子のために、どうぞよろしくお願いいたします。校長 玉川雄一 (平成26年3月31日)
  • 同窓会入会式を開催しました。同窓会長さんと校長先生から挨拶をいただき、内海さんが6年児童代表として誓いの言葉を述べ、同窓会長さんから記念品を6年生に贈られました。原二小の同窓生として何事にも誇りを持った立派な態度で取り組んでもらいたいと願っています。(平成26年3月14日)
  • 方部児童会の後、方部対抗綱引き大会を実施しました。各方部で人数が違うので、それぞれ足りない方部に先生方が入り、力一杯綱を引いて大いに楽しみました。方部対抗に続き、6年生と1,2年生、6年生と3,4年生、6年生と5年生の対抗綱引きを実施し、意外な結果になりました・・・・・。     (平成26年3月12日)
  • 6年生を送る会を開催しました。6年生が主役となって各学年児童とのゲームを楽しみました。1年生は、6年生におんぶしてリレーを、2年生とは背中でボールを挟んでリレーを、3年生とは「熱血シューター対決」を楽しみました。4年生とはペアなわとびリレーでしたが、これがなかなか難しいようで、時間がかかりましたがその分一緒に十分楽しめたと思います。5年生とは、「思い出ドッジボール」で疲れた6年生に対して5年生は、ある作戦を考えました・・・・。途中で卒業認定○×クイズがあり、最後に思い出のスライド、班長への感謝の色紙贈呈があって6年生も感無量。6年生への感謝にあふれた楽しいひとときとなりました。(平成26年3月11日)
  • 3/11、今日で震災後3年が経ちました。本校児童数は現在164名、帰還率は58%、まだ約40%の児童が県内外の学校で学んでいます。内訳は、県内県内他市町村に22名、県外に97名の児童が区域外就学しています。午後2時46分には、東の海側に向けて全校児童、全職員で黙祷を捧げました。(平成26年3月11日)
  • 今日の1,2校時に大阪体育大学学生「ボランティアクラブきょうりゅう」というサークル9名によるレクリエーション活動を実施していただきました。遠い所、大阪からはるばる来ていただいて1,2年生の子ども達と共に身体をめいっぱい動かし、子ども達は大変楽しいひとときを過ごしました。「こんなに楽しい子ども達の顔は久しぶりです。」という担任の先生の言葉を聞いて、大学生の皆さんも「来てよかった」という安堵の顔を見せてくれました。本当にありがとうございました。(平成26年3月4日)
  • 授業参観・PTA総会・学年懇談会を実施しました。最後の授業参観日ということでたくさんの保護者の皆さんが来校し、各学年で子ども達の一年間の成長した姿を観ていただきました。小さい時の写真をテレビ画面に映し出してお父さん、お母さんに「ありがとう」の感謝を込めてメッセージを伝えている学年など親とこの交流する場面が多く見られました。4年生では二分の一成人式を行ったり、6年生では「夢宣言をしよう」という発表会を保護者の皆さんと一緒に楽しいひとときを過ごしていました。PTA総会前には、アンサンブルコンテスト東北大会で第1位金賞を受賞した木管四重奏の演奏報告会を開催し、素晴らしいハーモニーに大拍手喝采を戴きました。(平成26年2月28日)
  • 校内の第2回「17字のふれあいコンテスト」を実施しました。「たくさんの 本をよみたいどこででも」(1年)「登校日 数えるたびに 胸いたむ」(6年)「銀世界 うちの庭でも 雪祭り」(6年)などとそれぞれテーマを持って取り組んでいます。授業参観日には、「○○賞」をつけて掲示します。(平成26年2月24日)
  • 先週2/12から校内での「ひばりっ子読書ゆうびん」を始めました。郵便に本の紹介文を書き、気に入った本をお友だちに紹介しようというものです。これによって読書力をより深めることが期待されます。早速一階と二階に設置された読書ポストにたくさんの読書ゆうびんが投函されていました。昼の放送でも投函した人のインタビューを放送し、「楽しい読書ゆうびんを広げていきましょう!」と児童会の図書委員が呼びかけていました。     (平成26年2月20日)
  • 主に「体力低下や肥満の増加への対策・取り組み」について日テレさんの取材を受けました。本校では、体育の時間に、県全体で取り組んでいる運動身体づくりプログラムを取り入れています。毎日の清掃前のつま先立ちをしたり、体育集会でも一昨年度から綱引きや多種の鬼ごっこなど楽しみながら体力向上を目指しています。さらに、身体作りの基本となる「食育」、気がかりな「放射線教育」、県カウンセラーによる「カウンセリング」を通して身体と心の改善をし、肥満等への対策としています。(平成26年2月18日)
  • 全校朝の会で、1年生と4年生の発表がありました。1年生は、気に入った文章を朗読し、しっかりした発表に笑いも混じって、全児童が感心していました。4年生は合奏の発表。12月に発表することが決まって学級みんなですぐに計画し、取り組んできた素敵な曲でした。これで各学年の発表会は終了しましたが、それぞれの学年の子ども達は、表現力、発表力共に大きく成長していることが見て取れました。これからもいろいろな場面で発表力をみがいていってください。(平成26年2月17日)
  • 大雪にてんてこまい!2/9(日)午後7時アンサンブルコンテスト東北大会の会場である岩手県盛岡市から帰ってくると、南相馬市も近年にない大雪となっていて、大変な雪の状況になっていました。学校の周りも北側は50cmはあるような積雪、駐車場は雪に埋もれ10日(月)の登校は厳しい状況でしたが、大雪のため欠席した子は7人と思ったほど多くはありませんでした。車での送迎の際に駐車スペースがなく、保護者の皆さんが自主的に雪はきをしてくださいました。ありがとうございました。(平成26年2月12日)
  • おめでとう!全日本アンサンブルコンテスト東北大会で原二小木管四重奏チームが金賞受賞! 2/9(日)、岩手県盛岡市にある県民会館で全日本アンサンブルコンテスト東北大会が開催されました。県代表として出場した本校の木管四重奏チームが小学校部門で1位の金賞を受賞しました。これまでの努力の成果が十分発揮され、素晴らしい息の合った音色を会場に響かせてくれました。四人の努力とこれまで支えていただいた関係者の皆さん、全校児童、保護者の皆さんのご支援が、素晴らしい演奏と結果につながりました。本当にありがとうございました。先輩の原一中のクラリネット七重奏チームも金賞、しかも全国大会出場です。素晴らしいですね。(右の写真:原一中チームと) (平成26年2月12日)
  • 2/3の2校時に豆まき集会を実施しました。まず、ひばり学級の皆さんによる、1月にできなかった無病息災を願う獅子舞が披露されました。次に、「あいさつができない鬼」「発表ができない鬼」「集中できない鬼」など各クラスの代表から追い出したい鬼の発表があり、代表委員会からは「豆まきについての紙芝居・朗読」がありました。集会後には年男、年女の5年生が各クラスを回って豆まきをし、楽しい集会となりました。(平成26年2月3日)
  • 2/3(月)の全校朝会に、2年生と5年生合同の発表をしました。これまでの思い出ある写真を大画面に映し出しながら、(嵐の)「ふるさと」を合唱しました。歌に合わせて今までの学習・生活の様子や各行事の児童の様子など全校児童で思い返すひとときとなりました。(平成26年2月3日)
  • 2/1(土)に、東北六県から31チームが参加して開催された東北小学校バンドフェスティバルで、本校の素晴らしい演奏に会場の皆さんが感心していました。講師の先生から「14名という人数とは思えない立派な演奏でした。一人一人が音楽の1フレーズ、1フレーズに熱い気持ちを持って演奏している様子が伝わってきました。」など大変高い講評を戴きました。合奏部の皆さんは、一年間一生懸命練習し素晴らしい演奏を聴かせてくれました。この一年間の「感動の演奏」ありがとう!(平成26年2月3日)
  • 明日2/1(土)に、仙台サンプラザホールで東北小学校バンドフェスティバルが開催されます。最後の演奏会となりますが、本校の合奏部14名も参加します。心を一つにしてよい演奏を会場いっぱいに響かせてもらいたいと思います。(平成26年1月31日)
  • 今日の昼休みに、地元原町区、会津美里町、仙台市出身の新進気鋭の演奏家3人で構成されたグループ、レゾム・スカイの演奏会を開催しました。朝ドラ「あまちゃん」のテーマ曲から入り、「子犬のワルツ」、ディズニーの「白雪姫」、懐かしの「青春時代」など、全児童がサックスとピアノの心地よいハーモニー、情熱的な演奏に聴き入っていました。まさに本物の生の演奏を聴くことができた、幸せを感じるひとときでした。(平成26年1月31日)
  • 幼稚園との交流会を実施しました。毎年、青葉幼稚園の年長組さんが来校し、1年生と一緒に楽しむ交流会を実施しています。今回は、1年生15名と幼稚園児39名で、1年生からの読み聞かせやなわとびの発表などを通して楽しい交流会となりました。(平成26年1月31日)
  • 1/28(火)に、市内の栄養士の先生を講師に食に関する授業を実施しました。子ども達は、今日の学校給食の献立を教材として「好き嫌いしないで丈夫な身体を作ろう」(3年)、「バランスの良い食事のとり方を考えよう」(6年) というめあてに向かって学習に取り組んでいました。1/30(木)には、4年生の食に関する授業を実施しました。「健康に良い食事について考えよう」というめあてで授業が進められ、「(1)生活のリズムをつけること(2)健康に良い食べ方をすること」の2つが大切であることを学びました。詳しくは、学校便りNO.34,NO.35をご覧下さい。        (平成26年1月30日)
  • 今日(1/28)の昼の集会活動では、○×クイズを全校児童みんなで楽しみました。集会委員が「○○先生は、日本選手権大会に出場した競技は柔道である。○か×か。」と読み上げると、ロープを挟んで○か×のどちらかに大移動。正解が発表されると、一斉にワーワーと歓声を上げていました。学年を超えた楽しいひとときになりました。(平成26年1月28日)
  •  1月27日(月)全校集会で3,6年生の発表を行いました。3年生は、ミッキマウスマーチの曲を挟みながらマジックショーを行い、それを見ていた全校児童から大きな拍手をもらいました。6年生は、国語で学習している「詩の朗読」を行い、その中の早口言葉を披露した時には「間違いもなく、よく言えるなあ。」と感心した声も上がりました。来週2月3日(月)は2,5年生、2月17日(月)は1,4年生の発表の予定です。(平成26年1月27日)
  • 1/20から今日までの3日間で全児童対象の第2回放射線被ばく検診・WBC(ホール・ボディー・カウンター)が終わりました。6,7月に実施した第1回WBCの結果は、全員放射性セシウム134,137について検出限界以下でした。2回目の結果は、後日ご家庭へ配付されます。この検診は、市内小中学校の児童生徒全員を対象に実施している検診です。(平成26年1月22日)
  • 金賞受賞おめでとう!1/18(土)にいわき市のアリオスで開催された県アンサンブルコンテストで本校合奏部・木管四重奏のメンバー4名は、素晴らしい演奏を会場いっぱいに響かせ、見事金賞を受賞しました。また、各地区大会を勝ち上がった小学校15グループの中で審査結果金賞受賞した学校から、南相馬市立原町第二小学校(木管四重奏)と伊達市立伊達小学校(クラリネット八重奏)が福島県代表として選ばれました。この2チームは、来月9日に岩手県民会館で開催される東北大会に出場することになりました。平成22年度、23年度に連続東北大会出場以来、2年ぶりの出場です。(平成26年1月20日)
  • 放射線から子どもの健康を守る対策支援事業として、全学年対象に健康スポーツ教室を開催しました。昨年のサッカー教室、バスケットボール教室に続き、3回目のスポーツ教室になります。今回は、太田大甕スポーツクラブの皆さんの指導の下に、子ども達はフリスビーの的当てやカーリング、わなげ、けん玉などで楽しみました。(平成26年1月16日)
  • 今年度最後の学期がスタートしました。第三学期始業式での校長あいさつの中で、二つの観点からお話しました。一人一人については「まとめと準備」をしっかりすること。学校全体では、「あいさつ運動」と「読書活動」を広げることです。このようなことを通して楽しい、充実した3学期にしてほしいと願っています。→ 詳しくは、学校便りNO.32参照 (平成26年1月8日)
  • 明けましておめでとうございます。昨年中は、皆様には、多大なるご支援、ご協力を頂き、大変御世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い致します。本校は、今年創立60周年を迎えます。人間でいえば還暦の年。子ども達の未来のために、保護者の皆さんと共に教職員が一丸となって、気持を一新してすべての教育活動に取り組んで参ります。今年もご支援、ご協力をお願い致します。(平成26年1月8日)
  • 震災からまもなく3年が経とうとしています。転出入児童の数は落ち着き、大きな異動は見られません。これまでの児童数の推移は学校情報Q&Aご覧下さい。震災当時の児童の様子を考えると、原町二小の教育環境も活動の様子も震災前に戻ったかのように見えます。しかし、区域外就学をしている児童(住民票を南相馬市においたまま市外の小学校に就学している児童)は、今だ119名もいます。帰還率は、58%です。今年も終わりになるこの時期に、どんな変化があったのか、児童の様子はどのようなものだったのかを振り返ってみたいと考え、平成23年度、24年度、25年度それぞれの「児童の活動状況」を掲載してみました。ご覧下さい。(平成25年12月25日)
  • 「保健便り」のページを追加しました。これまでのNo.1〜No.13の「ほけんだより」を読むことができます。明日は第2学期終業式です。子ども達の身体の健康についてもう一度お読みになり、日々の健康を再度点検してみて下さい。そして、健康な身体で新しい良い年を迎えて下さい。(平成25年12月19日)
  • 6年生の租税教室を実施しました。相双法人会からの講師の先生による「税金について」の説明や実際に1億円はどのくらいのものなのかを肌で感じ、税金にはどういうものがあるのか、税金は何に使われているのか・・・・等々税についての深まりのある学習ができました。    (平成25年12月16日)
  • 県アンサンブルコンテスト相双支部大会鹿島区のさくらホールで開催され、本校の木管四重奏チームが金賞受賞、1月18日に開催される県大会出場が決まりました。審査員の先生方からも「素敵な演奏でした。一人一人が音色を大切にしながら歌心をしっかり持って丁寧に演奏されていました。バランスもよかったです。」というメッセージを戴きました。本当に素晴らしい演奏を会場一杯に響かせてくれました。(平成25年12月15日)
  • 森林環境学習授業が今日の1年生から始まりました。相馬地方森林組合の2名の指導の方には子ども達が時間内に完成できるよう準備をして頂き、各学年の楽しい工作の時間になりました。18日まで各学年で実施されます。(平成25年12月11日)
  • 全校朝会で、県アンサンブルコンテスト相双支部大会の壮行会を実施し、5年生の激励の言葉に続き、6年生のお礼の言葉から県大会出場への熱い決意を感じとれました。ぜひ原町二小の代表として日頃の練習の成果を十分に出して演奏してもらいたいと思います。      (平成25年12月 9日)
  • 健康教育委員会(学校保健委員会)を開催しました。学校医と学校歯科医、カウンセラーの先生方をお迎えし、本校全教職員が子ども達の健康を願って話し合いをしました。各学年の児童の定期健康診断のまとめ「ひばりっ子白書」、体力、運動能力の実態、生活習慣アンケートの結果などを報告した後、熱心な協議が行われました。最後に学校医、歯科医の先生にご指導を頂きました。子ども達の健康に関する今後の課題等につきましては、学校便りでお知らせ致します。(平成25年12月 3日)
  • ありがとうございました! 新潟県燕市立吉田南小学校の皆さんから150kgの新米(コシヒカリ)をいただきました。30kgの米袋が5袋届いたのですから驚きました。そして、みんなで感激していました。吉田南小学校に原町二小の5年生の転入児童がいることがきっかけで5年生が収穫したお米を通じて「福島の皆さんを応援したい、原町二小の皆さんに元気を差し上げたい。」というご厚意が生まれたそうです。全校児童でありがたく頂戴致します。各家庭には、その旨の文書を配付致しました。吉田南小学校の皆さん、本当にありがとうございました。(平成25年11月22日)
  • 朝の全校集会で児童会保健委員会から「かぜやインフルエンザの予防」についての発表がありました。保健委員の皆さんは、アンケートをもとに、かぜやインフルエンザがどのように人から人に広がっていくのかを分かりやすく説明していました。そして、心がけてほしい8つのことを取り上げ、全校の皆さんに呼びかけていました。最後に手洗いの歌に合わせてみんなで手洗いをしました。ご家庭でも子ども達にその様子を聞いて、家族みんなでかぜやインフルエンザを予防して頂きたいと思います。(平成25年11月18日)
  • 11月15日(金)、校内マラソン大会を開催しました。1,2,3年生は2校時に、4,5,6年生は3校時に実施しました。8時前の朝の練習や業間の5分間走、体育での練習に頑張ってきた子ども達は、日頃の練習の成果を十分に発揮しました。子ども達や保護者の皆さんの声援が子ども達の背中を後押ししてくれているようで、素晴らしい走りを見せ、最後まで自己新記録を目指して走りきりました。よく頑張りました!      保護者の皆様、地域の皆様、ご声援ありがとうございました。(平成25年11月15日)
  • 明日11/15(金)は、校地内で校内マラソン大会を開催します。先週から朝8:00までに自主練習、業間の時間に5分間走を実施してきました。児童一人一人の顔に少しずつ余裕も見られるようになり、「マイペース」が作られてきました。明日は全員自己ベストを目指してがんばってほしいですね。(平成25年11月14日)
  • 11月1,5の自由参観日には、約60%の保護者の皆さんが来校し、日頃の子ども達の学校生活の様子を見ていただきました。6年生の「思春期講座」や全校児童の「歯みがきチャンピョン大会」、体育のマラソン大会練習など、教科を固定しない内容の授業参観を実施し、様々な視点から子ども達の様子が観られたのではないでしょうか。(平成25年11月8日)
  • 11月5日(火)、各学級で「歯みがきチャンピオン大会」を開催しました。歯垢の染め出し(カラーテスト)を通して、口腔内の衛生に関心を持たせること、歯みがきの必要性について気づかせることをねらいとして実施しました。日頃、子ども達はしっかりみがいたつもりでも、歯垢がかなり残ってしまうようです。これからも一生使う「歯」を大切に、正しい歯のみがき方を身に付けるように努力しましょう。(平成25年11月6日)
  • 今日11/1は「ふくしま教育の日」で今日から7日まではふくしま教育週間になっています。本校では、自由参観(11/1,11/5)を予定していますが、この他、10月と11月に学習発表会、個別懇談、マラソン大会なども計画していますので、この機会に、学校を考え、教育を考えていただければ幸いです。また、建設的なご意見等お待ちしています。(平成25年11月1日)
  • 10/25(金)、トロンボーンクァルテットジパングの皆さんによる復興支援コンサートを開催しました。トロンボーンのトップの方々の素晴らしい演奏は、全児童の体に、そして心に響いていました。「本物の演奏」は子ども達の目を輝かせ、心に火をともしたことと思います。(平成25年10月25日)
  • 明日10/24は、就学時健康診断のため4校時限で子ども達は下校します。子ども達だけで外で遊んだりしないよう、ご家庭でよろしくお願い致します。また、日頃から暗くなる前には帰宅できるようにしてください。(平成25年10月23日)
  • 今日10/19(土)に、本校体育館に於いて学習発表会を開催しました。早朝よりたくさんの保護者の皆さん、地域の皆さんにお出でいただき、それぞれの学年の発表に大きな拍手を戴きました。予行なし、台風で休校ありという練習時間が短い中で、一生懸命素晴らしい演技を見せてくれました。(平成25年10月19日)
  • 明日10/19(土)は、学習発表会です。それぞれの学年で日頃の学習の成果を発表します。5年生の合奏・合唱の他はすべて劇を発表します。どのような発表が見られるか楽しみにしてください。子ども達がさらに「頑張るぞ。」という気持にさせるのは、会場の皆さんの声援、温かい眼差しですので、どうぞよろしくお願い致します。(平成25年10月18日)
  • 強い勢力の台風26号が明日10/16(水)午前中に福島県に最接近する情報が入りました。また、南相馬市教育委員会から児童生徒の安全確保のため10/16は「臨時休校」とする旨連絡が入りましたので、よろしくお願い致します。保護者の皆様には、「児童は外出しないように、また、学習発表会の練習をしたり、家庭学習等をする」など、ご家庭での過ごし方をご指導くださるようお願い致します。(平成25年10月15日)
  • 素晴らしい演奏、ありがとう!10/11(金)に、原町区小中学校音楽祭に5年生33名が参加し、まず合唱「世界が一つになるまで」を会場いっぱいに声を響かせ、器楽合奏では、「ひょっこりひょうたん島」をリズムに乗り、会場の皆さんの手拍子を誘って楽しい、立派な演奏を披露しました。一人一人の顔が生き生きとして楽しそうに歌い、演奏していたのが印象的でした。震災後2回目となるこの音楽祭は、南相馬市の小中学校の良い交流の場、お互いを励ます場となりました。(平成25年10月11日)
  • おめでとう!本校合奏部・金賞(優秀賞)受賞!10/10(木)に、福島県下小中学校音楽祭第2部「合奏」開催され、ある審査員の先生からは「とても重厚な響きで、目をつぶっていると、まさか14人の小学生とは思いません。本当に感動しました!・・・・」というコメントを戴きました。受賞した金賞(優秀賞)の内訳は、福島県下小中学校音楽祭の「金賞」、日本学校合奏コンクール小学校の部福島県大会の「優秀賞」です。本当に迫力ある素晴らしい演奏で、直前までの練習のことを思いながら、私(校長)も涙が出るほど感動しました。ご協力を頂いた保護者の皆さんと応援していただいたすべての皆さんへ心から感謝致します。 (平成25年10月10日)
  • いよいよ明日10/10(木)に、福島県下小中学校音楽祭第2部「合奏」が郡山市民文化センターで開催されます。本校合奏部は、参加校中最小メンバー14名で演奏しますが、会場の皆さんには曲目「空と大地の間で」をボリュームのある演奏で披露することと思います。応援よろしくお願い致します。(平成25年10月9日)
  • 今週の10/11(金)に開催される原町区小中音楽祭へ向けての壮行会を10/7(月)に実施しました。参加する5年生が「ひょっこりひょうたん島」を器楽演奏し,今までの練習の成果を披露しました。全校あげて応援しています。(平成25年10月7日)
  • 4,5,6年生は、ゆめはっとで劇団四季によるファミリーミュージカル「こころの劇場」を鑑賞してきました。南相馬市内の小学生4,5,6年生が無料招待された公演です。作品は、ミュージカル「桃次郎の冒険」。「桃太郎の弟が鬼退治に行ったら、鬼と友だちになってしまった・・・・姿形はちがっても、みんな同じ仲間なんだ。」10/19の学習発表会へ向けて良いお手本になったのではないでしょうか。(平成25年10月4日)
  • 10/1(月)、全学年社会科見学に行きました。雨が心配でしたが、途中から晴れてきて、とても良い見学日和となりました。6年生は、最後の社会科見学、安達ヶ原ふる里村の大きな古民家で万華鏡を作りました。1〜5年生は仙台の八木山動物園等で楽しいひとときを過ごしました。(平成25年10月1日)
  • おめでとう!9/27(金)に行われた県下小中学校音楽祭第2部「合奏」相馬地区大会において本校合奏部は、最優秀賞を受賞しました。これまでの練習の成果が十分発揮され、14名ながらも素晴らしい演奏ができました。10/10(木)に郡山市民文化センターで開催される県大会への出場も決まり、早速今日から練習に入りました。また頑張ってください。全校で応援しています。(平成25年9月30日)
  • 第67回県下小中学校音楽祭第2部「合奏」相馬地区大会が今日鹿島区のさくらホールで開催されます。今まで合奏部14名(1名入部して15名になりました)が毎日遅くまで練習してきた成果を十分に発揮してもらいたいと願っています。(平成25年9月27日)
  • 9/22(日)、第14回相双バンドフェスティバルが開催され、本校合奏部6年生5名が参加し、「心に響く、復興の音色」を会場いっぱいに響かせていました。各地の避難先で練習に励む各校の吹奏楽部員が一同に会し、音楽を通して地域が前進する一歩につなげようと開催したものです。相双地方の小中学校、高校の22校約400名が集まりました。ゲストの岐阜ミリオン吹奏楽団の素晴らしい演奏も会場を盛り上げていました。(平成25年9月24日)
  • 「清里バレエ団」(清里フィールドバレエ)原町二小公演を開催しました。フィールドという名の通り野外でバレエをすることから、今日は体育館西側駐車場に舞台を設置して行いました。子ども達は、バレエ界の第一線で活躍するバレリーナの方々の「本物」の演技を目を丸くして観たり、一緒に「プリエ」「アン・バ」など基本の形を全児童で教わったりして、たくさんの感動と喜び、そして希望を戴きました。B.シャンブルウエストの今村さん、萌木の村長の舩木さんはじめ清里バレエ団の皆さんに感謝申し上げます。(平成25年9月18日)
  • 本校PTA主催の放射線教養講座(放射線に関するご質問に答える会)が今日開催されました。原発事故から2年半後の放射線に対する考え方はどうなっているのかを日本原子力開発機構の職員の方々から説明を聞き、質問に対応していただきました。具体的な質問に丁寧にお答えしていただき、有意義な会となりました。(平成25年9月13日)
  • 原町一中生3名が11,12日の2日間、本校で「職場体験」を実体験しました。これは、キャリア教育として位置づけられ行っている体験活動ですが、今回は小学校の先生方がどのように子ども達に接し、指導をしているのかを「先生」という視点に立って体験してもらいました。終了後帰る際には3人とも感激の涙を流すほどよい体験ができたようでした。(平成25年9月13日)
  • 校庭と校地内交通公園で校内交通教室を実施しました。主に自転車の乗り方について楽しく学習しましたが、1年生は、歩行の仕方等を学びました。今日から実際に自転車に乗る時は今日学んだことを思い出し、気をつけましょう。(平成25年9月10日)
  • 9/7(土)、9/8(日)の両日に第45回東北ブロックPTA研究大会福島大会が福島市の各会場で開催され、東北六県の各地区からたくさんのPTA会員が集まり、熱く、有意義な研究大会となりました。本校からはPTA会長と校長の2名が参加し、第4分科会「家庭と小学校教育」での三沢市、仙台市、いわき市のパネリストの実践発表・協議からたくさんの刺激を受けてきました。また、2日目の講演では、登山家の田部井淳子さんから「人生は8合目から」という演題で、おもしろおかしく講演され、さらに元気と勇気をもらいました。(平成25年9月10日)
  • 8月末〜12月に南相馬市総合体育大会行われます。9/1(日)の相撲の部では本校児童6名が参加し、個人戦、団体戦に挑戦、3名が入賞しました。9/7(土)には陸上競技の部で2名が参加し、がんばりました。(平成25年9月10日)
  • 9/5(木)に、上学年(4〜6年)の校内水泳大会を屋内市民プールにて実施しました。25m、50m自由形、4×25mリレーなど、びっくりするほどの力強い泳ぎが見られました。今年度屋内プールを使わせていただいた効果なのかも知れません。本校プールは、解体作業が終わり、設置工事が始まっています。(平成25年9月6日)
  • 9/4(水)、「アクアマリンふくしま」の移動水族館が来校し、ヒトデやエビ、ナマコ・・・・などに直接触れたり、キアンコウやサメのはく製を触ってスタッフの方のQ&Aでその生態などを知ることができ、全校児童が「水族館」を楽しみました。(平成25年9月4日)
  • 9/3(火)に、下学年(1〜3年)の校内水泳大会を屋内市民プールにて実施しました。今年の水泳学習の成果をみんなで発表し、たたえ合っていました。保護者の皆さんの応援もありました。(平成25年9月3日)
  • 8/28〜8/30に2泊3日の5年生の宿泊活動を実施しました。寝起きをともにしながら、野外炊飯やキャンプファイヤーなどの活動を通して友達のよいところを発見したり、集団行動の基礎を体で学んだり、5年生にとって大変よい体験ができました。2学期からの高学年としての積極的な活動に期待したいと思います。(平成25年9月2日)
  • 8/26(月)第2学期が始まりました。第2学期始業式では、「夏休みの思い出と二学期の計画」というテーマで各学級代表児童7名が作文発表をしました。各学級でも、たくさんの思い出話と夏休みの作品の話に花が咲いていました。(平成25年8月27日)
  • 8/24(土) 3年ぶりに本校PTA主催の「ひばりっ子祭り」を開催しました。震災以降は、児童数、PTA会員数が少ないこともあり、開催できませんでしたが、今年度はぜひやりましょうという声が上がり、各学年と事務局が工夫を凝らした店を出すことになりました。途中で事務局のビンゴゲームもあり、たくさんの保護者、児童が参加して楽しいひとときを過ごすことができました。(平成25年8月26日)
  • 8/11(日)、いわき芸術文化交流館「ALIOS アリオス」において第51回福島県吹奏楽コンクールが開催され、原町第二小学校合奏部14名が素晴らしい演奏を会場いっぱいに披露しました。その表現力と14名の熱い思いに感動しました。少人数を全く意識させないそのボリュームある演奏に会場の皆さんも驚いたような様子でした。その結果、ゴールド金賞受賞! 2年連続の金賞受賞です!おめでとう合奏部の皆さん!   (平成25年8月14日)
  • 早いもので、今日でちょうど夏休みの半分になりました。児童の皆さんは元気にしていますか。残りの18日間の計画を見直して、有意義な夏休みを過ごしてください。さて、以前お話しましたように、学校のプールの改修工事が先週から始まっています。仮囲いの金属製の塀でプール工事場所を囲っていますので、そこには近づかないようにしてください。(平成25年8月7日)
  • 夏休みが始まって早くも一週間が過ぎました。いよいよ明日から3日間、伝統行事の「相馬野馬追」が開催されます。そのような夏休みがスタートした中で、原二小の児童の皆さんは、元気に過ごしているでしょうか。校長先生が終業式に述べた「規則正しく、事故がない、しかも、挨拶をしっかりした生活」をするように心がけ、楽しい夏休みにしてください。(平成25年7月26日)
  • 71日間の学校での思い出が一人一人の児童の胸によみがえる第1学期終業式を行いました。その中で、各学級の代表7人が「1学期の反省と夏休みの計画」を発表し、それぞれの児童の思いが全校児童に伝わり、一人一人が1学期の反省とこれからの夏休みに向けた抱負を持ったようです。(平成25年7月19日)
  • 7/14(日)に南相馬市民文化会館で「第51回福島県吹奏楽コンクール第31回相双支部大会」が開催され、本校合奏部はみごと金賞を受賞しました。また、8/11(日)に、いわき芸術文化交流館「アリオス」で開催される「第51回福島県吹奏楽コンクール」への出場が決まりました。応援よろしくお願い致します。(平成25年7月16日)
  • 民族歌舞団「ほうねん座」の皆さんによる鑑賞教室を開催しました。一年の豊作を祈願するゆったりとした祝いの舞から入り、獅子舞、祝いの魚つり、そして、勇壮な太鼓組曲「絆」を目の前で繰り広げられ、子ども達は、全身でおはやしや太鼓のリズムを感じ取っていました。(平成25年7月10日)
  • 不審者対応の防犯教室を実施し、午後授業終了後には、二次災害対応避難訓練・手渡し訓練を実施しました。ご協力ありがとうございました。(平成25年7月8日)
  • 今学期最後の授業参観・学級懇談会を実施しました。たくさんの保護者の皆さんが来校し、子ども達の1学期の成長した様子をご覧になっていました。懇談会では、今回から新しくなる通知票の見方や夏休みの過ごし方などについて話し合いがもたれました。(平成25年7月5日)
  • 「星に願いを」込めて七夕集会を開催しました。まず、全校児童を代表して、各学年代表が「願いごと」の発表をしました。次に、大きなスクリーンの紙芝居を見ながら児童会の代表委員が朗読をし、七夕の由来を知りました。最後に七夕の○×クイズで全校児童が楽しみました。(平成25年7月4日)
  • 7月になりました。20日からの夏休みが目前に迫り、1学期のまとめなどにも力が入ります。7/1(月)の全校朝の会に児童会環境委員会の発表がありました。寸劇やクイズにより環境について全校児童みんなで考える機会ができました。「知らんぷりしないで落ちていたゴミは進んで拾おう」、「水道の水を無駄遣いしないで使おう」など全児童に呼びかけ、それぞれみんなの心に響いていたようです。(平成25年7月3日)
  • 本校では、今日から3日間市立総合病院で第一回目のWBC(ホールボディーカウンター)を学年ごとに実施します。各学年とも年2回実施する予定です。。(平成25年6月27日)
  • 6/22(土)、校内PTA学年対抗レクリエーション大会開催され、ソフトバレーボールのゲームで4チームの和気あいあいの熱く、楽しいひとときとなりました。学年間の交流がますます深まりました。優勝チームは、第3学年チーム、準優勝は、第1, 4学年合同チームでした。7/7(日)南相馬市スポーツセンター行われる原町区PTAレクリエーション大会には優勝した3学年チームが出場致しますので、応援よろしくお願いします。また、8/24(土)に開催予定の「ひばりっ子祭り」に向けて食券購入も開始していますので、ご協力を宜しくお願い致します。。(平成25年6月24日)
  • 6/16(日)、第16回わんぱく相撲福島ブロック大会が南相馬市相撲場で開催され、福島、郡山、会津など地区予選を勝ち抜いたチームが出場しました。原町地区大会優勝の原二小チームも出場し、団体4位と大変頑張りました。また、東北学童相撲大会福島予選会が6/30(日)に会津総合公園内相撲場で開催されますが、この予選会にも原町二小チームが参加します。応援よろしくお願い致します。(平成25年6月18日)
  • 6/5(水)、南相馬市小学校陸上競技大会(南相馬市教育研究会主催)が雲雀ヶ原陸上競技場で3年ぶりに開催されました。市内小学校16校の6年生が、走、跳、投のそれぞれの競技で競い合い、お互いに励まし合い、認め合い、よい汗を流した交流会となりました。本校の6年生も日頃の練習の成果を十分に発揮し、男子1000M走で1位、女子走り高跳びで2位・・・・など、一人一人がベストの記録を更新していました。さらに頼もしい6年生の姿が見られました。(平成25年6月7日)
  • 5/18(土)、3年ぶりに校庭で運動会を開催しました。昨年度は、校庭が運動に適さない砂地でしたので、体育館で実施しましたが、土壌改良していただき、広い校庭で児童が水を得た魚のように、身体いっぱい発表していました。多くの保護者や地域の皆さんから声援を頂き、子ども達への最高の励みになりました。ありがとうございました。(平成25年5月22日)
  • 運動会(5/18実施)に向けて、全体練習や全児童リレーなどの練習にも熱が入ってきました。当日は体調を万全にして運動会に臨めるよう「早寝、早起き、朝ご飯」を励行しましょう。(平成25年5月15日)
  • ゴールデンウィークも5/6(月)で終わり、交通事故等はありませんでした。良い思い出ができたことでしょう。一昨日県内で飛び出し死亡事故が発生しました。これからも交通事故に遭わないよう、車のかげからの飛び出しをしないように十分気をつけましょう。(平成25年5月10日)
  • 5/2(木)、今年度第1回避難訓練を行いました。各学級で、自分の身を守る方法や避難経路を確認した後、地震、火災の想定で実際に訓練を実施しました。どの学年も迅速に「おかしもち」の約束をきちんと守って集合することができました。(平成25年5月10日)
  • 雨のため、4/30(火)に予定していた春の遠足を5/1(水)に実施しました。方部ごとの縦割り班(1〜6年)で新地町の鹿狼山登山を行いました。新地町総合体育館でお弁当タイム、ボール運動等ゆっくり遊ぶことができました。(平成25年5月10日)
  • 4/19(金)「授業参観・PTA全体会・学年懇談会」を開催しました。たくさんの保護者の皆さんが来校し、子ども達の学習の様子を目を細めながら、ほくそ笑みながら、一緒に考えながら・・・・とそれぞれの進級した子ども達の新鮮な姿、活動を参観していました。特に1年生は新鮮そのもの。(平成25年4月26日)
  • 今日「1年生を迎える会」を開催しました。各学年全児童から歓迎の言葉が送られると1年生も仲間になれたようなホッとしたような顔になりました。全体で「ジェンカ」を楽しみ、6年生のEXILEのダンスに魅せられ、1年生はひな段で緊張しながらもだんだんと原二小の雰囲気に慣れてきました。(平成25年4月17日)
  • 4/11(木)、6年生26名は、4月にできたばかりの再生可能エネルギーなどの体験学習施設「南相馬ソーラー・アグリパーク」を見学しました。実際に、太陽光による発電や点検、電気自動車への充電、植物工場の仕事などの体験学習を通して、子ども達はエネルギーを題材として自ら考える姿勢を学びました。福島テレビ(FTV)でもその様子が放映されました。(平成25年4月17日)
  • 4/9(火)、交通教室を実施。方部の縦割り班ごとに実際の道路を歩きながら、交通ルールを学びました。また、引率の担当の先生から、放射線量計を使って線量が比較的高い植え込みや側溝などに近づかないように歩くことなど「安全安心な歩き方」を学びました。(平成25年4月17日)
  • 4/1(月)、4名の先生方(給食調理員含む)をお迎えし、平成25年度が始まりました。校庭の桜が咲きほころぶ中、4/8(月)には着任式、第1学期始業式、そして、入学式を実施。3月の卒業生43名、4月の入学児童15名、転入児童10名により全校児童163名の児童で新年度がスタートしました。出席停止1名(昨日まで)以外は欠席0。気持の良いスタートができました。皆様、今年度もよろしくお願い致します。(平成25年4月11日)
過去のTOPICS



このページに関するすべての内容の著作権は、南相馬市立原町第二小学校にあります。
無断で転載、引用することは法律により禁じられています。

南相馬市立原町第二小学校

〒975-0006
福島県南相馬市原町区橋本町1丁目101番地

TEL 0244-22-4114
FAX 0244-24-2065

原町第二小学校校歌
「校歌で紡ぐ心の復興」ホームページより

訪問者数無料カウンター
since 2/Sep/2013